2015年06月27日公開 ストレイヤーズ・クロニクル

■公開表記:6月27日(土)新宿ピカデリー他全国ロードショー

■配給クレジット:配給:ワーナー・ブラザース映画

『デスノート』『GANTZ』の製作チームが贈る次世代アクション超大作!

本格アクション初挑戦! ベルリン映画祭受賞監督 日本アカデミー賞優秀脚本賞 気鋭のベストセラー作家 岡田将生 × 瀬々敬久 × 喜安浩平 × 本多孝好

『デスノート』『GANTZ』の製作チームが、 日本のエンターテイメントの未来を担う新時代のエースたちと放つ次世代アクション超大作!

宿命に引き合わされる、二組の特殊能力者たち 勝つのは希望か、絶望か── 今、人類進化のカギを握る戦いが始まる!

1990年代初め、ある極秘機関の実験によって、二組の“進化した”子供たちが誕生した。全く違う方法で生み出された彼らの共通点は、通常の人間にはない特殊能力を持つこと。だが、成長した彼らが選択したのは、正反対の道だった。希望を信じた一組は、自分たちの能力を未来のために使おうとし、絶望に満ちたもう一組は、未来を破壊しようと決意した。仲間との絆だけを頼りに生きてきた彼らが今、宿命によって引き合わされる。彼らを利用しようとする権力者たちが暗躍する中、人類の未来を決する戦いが始まる──!

脳内ホルモンを操作して異常進化を促し、人間の限界を超える身体能力を発揮できるグループのリーダー・昴に扮するのは、華のある存在感と確かな演技力をあわせ持つ岡田将生。ラブストーリーから感動作まで幅広い役柄を演じてきた彼が、初の本格アクションに挑戦する。対する遺伝子操作で違う生物の能力を持って生まれてきたグループを率いる学には、その末恐ろしき才能をヴェネチア国際映画祭マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)で称えられた染谷将太。 二人に真っ向からぶつかるのは、黒島結菜、成海璃子、松岡茉優ら新時代のエースに、清水尋也、高月彩良、白石隼也などネクストブレイク必至の次世代キャストたち。若さの危うさと切なさが疾走する青春映画としても見逃せない作品となった。また、伊原剛志、石橋蓮司、豊原功補ら重厚な味わいで魅せるベテラン俳優が、若手との演技バトルでスクリーンを熱くする。

気鋭のミステリー作家・本多孝好の同名ベストセラー小説を、『デスノート』『GANTZ』の製作チームが映画化。監督は、『ヘヴンズ ストーリー』でベルリン国際映画祭国際批評家連盟賞を受賞し、世界中の映画人たちからリス ペクトされる瀬々敬久。瀬々監督との共闘を志願して、最高峰のスタッフが集まった。『桐島、部活やめるってよ』の脚本で高く評価された喜安浩平が、“今”の生きた言葉を瑞々しい台詞に結晶させた。オールロケーションにこだわり、お台場、秋葉原、代官山、六本木など東京の素顔を新感覚のカメラワークで切り取ったのは『私の男』の近藤龍人。さらに『GANTZ』のアクション&VFXチームが、日本映画初と誇れる異能力者たちの衝撃的なアクションシーンを創り上げた。 “ストレイヤーズ・クロニクル”とは、さまよえる者たちの記録のこと。運命に翻弄され、選択に迷い、人生に漂流しながらも、戦いの果てに希望を掴み取ろうとする者たちの記録だ。もはや安住の場所などどこにもない、混沌とした現代を生きるすべての人々に贈る、アクション・エンターテイメント超大作が誕生した。

■ストーリー

愛する者を失ったマックスと2人の反逆者フュリオサとニュークス、自由と生き残りを賭けた3人のMADな戦いとは。絶体絶命のピンチを迎えた時、彼らの決死の反撃が始まる!

石油も、そして水も尽きかけた世界。主人公は、愛する家族を奪われ、本能だけで生きながらえている元・警官マックス(トム・ハーディ)。資源を独占し、恐怖と暴力で民衆を支配するジョーの軍団に捕われたマックスは、反逆を企てるジョーの右腕フュリオサ(シャーリーズ・セロン)、全身白塗りの男“ウォー・ボーイ”ニュークス(ニコラス・ホルト)と共に、ジョーに捕われた5人の妻たちを引き連れ、自由への逃走を開始する。
僕らは、こんな“能力”望んじゃいなかった。

ヒトは自らの手で進化することが出来るのか──? それを検証するため、1990年代初めに各界のトップで構成された極秘機関が、ある実験を行った。二つの方法が選択されたのだが、一つは親の脳内に強いストレスをかけ、異常なホルモンを分泌させる。彼らからは、突然変異的に人間の潜在能力を極限まで発揮できる子供たちが生まれた。もう一つは、動物や昆虫のDNAを植え付ける遺伝子操作。そこから生まれた子供たちには、違う生物の能力が宿った。 二組の子供たちは別々に育てられたが、バブルの崩壊と共に機関は閉鎖。そして時が経ち、彼らは今、大人になろうとしていた。視力・聴力・筋力が異常に発達したグループの最年長である昴(岡田将生)は、兄弟以上の絆で結ばれた亘(白石隼也)と良介(清水尋也)と一緒に暮らしていた。彼らは特殊能力の代償として、「破綻」と呼ばれる精神崩壊の危険を抱えている。プロジェクトの中枢にいた外務副大臣の渡瀬(伊原剛志)が、破綻を解決するカギを握っているため、昴たちは渡瀬の裏の仕事を渋々請け負っていた。 ある日突然、亘が破綻してしまう。昴は里親の元で暮らす残りの二人、隆二(瀬戸利樹)と沙耶(成海璃子)のことが心配になり、様子を見に行く。二人は無事だったが、道中不審な男女とすれ違い、気が付くとコートのポケットにアゲハ蝶と髑髏が描かれたカードが入っていた。 「アゲハ。彼らは遺伝子操作で生まれた、もう一方のラインだ」カードを見た渡瀬が説明する。去年の夏から、現場にアゲハ蝶のカードを残す殺人事件が続いているが、犯人は学(染谷将太)をリーダーとする5人の特殊能力者たちだった。彼らはまだ子供の頃に渡瀬と決別して外へ飛び出し、自分たちだけで生きてきた。昴は渡瀬から、アゲハの確保を命じられる。 再び一緒に暮らすことになった沙耶も連れて、アゲハの生みの親であるリム博士が出席するシンポジウム会場へ向かう昴と良介。渡瀬の予測通りアゲハが現れ、隆二も応援に駆けつけるが、博士は拉致されてしまう。アゲハ側の能力の代償は、20歳前後までしか生きられないことだった。アゲハは博士に命を延ばす方法を問い詰めるが、博士は何をしてもムリだと答える。 絶望を武器にすべてを破壊しようとするアゲハ。希望を頼りにアゲハを阻止しようとする昴たち。その時、恐ろしい事実が明かされる。学が死ぬと、致死率80%のウィルスが世界にばらまかれるというのだ。果たして、異能力が激突するこの戦いに、未来はあるのか──?

■ギャラリー

©本多孝好/集英社 © 2015「ストレイヤーズ・クロニクル」製作委員会

■キャスト

岡田将生 染谷将太 成海璃子  松岡茉優  白石隼也  高月彩良  清水尋也  鈴木伸之  栁俊太郎  瀬戸利樹  黒島結菜  豊原功補  石橋蓮司  伊原剛志

■スタッフ

監督:瀬々敬久(『ヘブンズストーリー』、『アントキノイノチ』など)

原作:本多孝好「ストレイヤーズ・クロニクル」集英社刊

脚本:喜安浩平(『桐島、部活やめるってよ』“第37回日本アカデミー賞優秀脚本賞受賞”)、瀬々敬久

音楽:安川午朗(『八日目の蝉』日本アカデミー賞最優秀音楽賞受賞、『どろろ』、『ヘヴンズストーリー』)

撮影:近藤龍人(『私の男』『桐島、部活やめるってよ』ほか)

アクション監督:下村勇二(『GANTZ』、『プラチナデータ』、『図書館戦争』)

企画製作:日本テレビ放送網

制作プロダクション:ツインズジャパン

配給:ワーナー・ブラザース映画

■WEBサイト

公式サイト

©本多孝好/集英社 © 2015「ストレイヤーズ・クロニクル」製作委員会